家庭でできる愛犬に適した日常ケアやドックフードの選び方

最近、「家庭でできることは できるだけ自分の手でケアしてあげたい」という飼い主さんが 増えてきています。深刻な症状は別としても、毎日の観察の中で気づいたちょっとした症状については応急処置できるようになっておくべきでしょう。

こうした飼い主さんの気持ちを尊重し、応援させていただき たいと思います。病院まかせにしないで、自分から取り組む態度を示すことで犬は愛情を感じとり、体調が好転するというのもよくあることです。特に、慢 性疾患の場合は飼い主さんの日常ケアがとても重要になります。

ただ「人間と犬は違うから…」 と、濤膳してしまう方も少なく ないと思います。しかし、これまでの経験上、両者にそう大きく異なるところはありません。次の点に気をつけて、安心してケアしてあげてください。

犬のスレ

大型犬や寝ている時間の長い犬は、ヒジなどがスして硬く黒ずんでくる場合があります。硬くなる理由のひとつは血行不良ですから、第一に食事の水分量を増やすことが大切です。
次に、その硬くなった部分を 保湿成分の入ったクリームを用いてマッサージしてください。 症状がひどければ、マッサージ後、上からワセリンを塗り、包帯などを巻くといいでしょう。

なお、寝たきりの老犬など、いつも同じ部分を下にして寝ていると、体重で血管が圧迫されて、血流が滞ってしまいます。気がつくたびに、こまめに体位を変えてあげてください。

犬の皮虐炎などのかゆみや痛みに効く

皮虐炎などのかゆみや痛みに効果的なショウガ湿布の作り方をご紹介します。まず、鍋に80°C程度のお湯を 沸かします.その間によく洗ったショウガを皮ごとすりおろし、木綿袋などに入れてをとじます。鍋を火にかけたまま、袋をお湯に入れ、ショウガ汁を絞り出します。このとき、お湯を沸騰させないよう、火加減に注意してください。

次に、タオルの両端を持ち、 ショウガ汁につけ、絞ります。 この際、タオルが熱くなるので、両端をぬらさないように気をつけましょう。次に、タオルの両端を持ち、 ショウガ汁につけ、絞ります。 この際、タオルが熱くなるので、 両端をぬらさないように気をつけましょう。

同様にして、今度はアツアツのタオルを2〜3枚重ねます。次に1枚目のタオルを抜きとり、2枚目を肌に当てます。抜きとったタオルをショウガ汁につけ、絞り、3枚目の上にそれを重ねます。
この要領で、タオルが冷めたらそのつど取り替えて、犬の肌が赤くなるまで繰り返します。 15〜30分程度、続けるといいでしょう。

犬のマッサージ

犬も人間もお互い心地よい状態にあることが、家庭で行なう マッサージの大前提になります。そのためには、まず飼い主さん自身が十分にリラックスすることです。最初から意気込んで「心地よくしてあげよう!」 などと考える必要は全くありません。

飼い主さんが心にゆとりを持って、犬に触れてあげることが 一番大切です。ときには、音楽などを流しながら、マッサージするのもいいでしょう。
マッサージの基本は、外側か
ら中心へ向かって皮廣をこすること。たとえば、足先から足の付け根に向かって触れるのです。頭や首に始まり肩、胸、おなか、しっぽまで全身をやさしくソフトタッチでなでてあげてください。

背骨の両脇は、特に犬が気持ちよく感じるポイントです。首の後ろからお尻にかけてなでていきます。じっくりともみほぐしたり、指先で小さな円を描くようにしたり、ストローク(手の動かし方)にも工夫したいものです。

マッサージに慣れると、犬の方から心地よいところを催促してくるので、どこを触ってほしいのかはだんだんわかってきます。犬種や犬の性格によっても、 感じる部分はそれぞれ違うもの。愛犬の反応をよく確かめな がら、マッサージを通して触れ合いを楽しみましょう。

おすすめのドックフード

日常ケアではありませんが、犬に合わないドックフードを与えると犬のストレスにもなりかねません。
合わないドックフードは犬の肥満や病気にもつながり毛並みの質にも影響してきます。
我が家ではカナガンドックフードを与えています。
カナガンドックフードは無添加のドックフードで人間が食べても平気な食材で作られているのがうりです。
まじずはこちらのカナガンドックフードの口コミを参考にしてみてください。