愛犬のしつけに教科書はない。自分で判断してしつけしよう

愛犬とのつきあい方に決まりはなく、飼い主さんがしたくないことはしなくてもいいのです。
現代では、本やインターネットに情報があふれています。愛犬の問題行動をなおしたいと思ったら、その方法はすぐに探せます。また、飼い主さん仲間も、親身になってアドバイスをくれるかもしれません。ですが、それらの情報をうのみにするのはよくありません。
たとえば、愛犬が甘咬みするのが人好きな人で、飼い主さんもその行為がかわいいと思っているのに、まわりがだめと言うからと泣く泣く叱っている人もいました。でもそれは本当に必要なことでしょうか?

本やインターネットの情報を見ても、それを実行するかどうかはいちど考える必要があります。当サイトにのっている情報も、すべての子に当てはまるわけではありません。自分の犬のことをいちばんよく知っているのはあなたなのです。愛犬をよく観察し、自分なりのつきあい方を見つけていきましょう。

たいへんな方法は避けても大丈夫

トイレを失敗させないために、トイレシートを部屋のいたるところに敷く人もいます。たしかにまちがった方法ではないのですが、これでは犬が正しい場所を覚えるまでに時間がかかりますし、飼い主さんの生活の邪魔になってしまうかもしれません。

犬の気持ちを理解してあげることが大切

人は烏に飛ぶなとは言わないけれど、犬には吠えるな、噛むなと言います。犬はどんな動物よりもその習性を禁じられていると感じます。
たとえば、多くの本には甘咬みやめさせましょうと書いてあります。しかし、犬だってしたいことはしたいし、いやなことはいやなのです。とくに子犬にとって甘咬みは楽しい遊びです。ぬいぐるみやおもちゃを与えるなどして、犬の「噛みたい」という欲求を受け入れてあげてもよいのではないでしょうか。

これは、甘やかすということではありません。反対に、犬の気持ちを無理やり押さえつけると、不満がたまり、ストレスによりさらなる度を超えた行動が出てしまうこともあります。

愛犬の「いやだ」という気持ちを受け入れ、別の方法を探してあげることが、問題の解決になるのです。
そのほかにも、おやつを与えても足をふくのをいやがる子の場合、無理やりふかずに、タオルの上を歩かせて汚れをとる方法も考えられます。愛犬が不快な胆いをしない方法を考えてあげるのは、楽しいものです。

友達がいらない犬もいる

「よその犬と仲よくできない」と、悩む飼い主さんがいます。人間は友だちがいないと寂しいと感じるかもしれませんが、犬はそうではありません。子犬であれば社会化が必要ですが、成犬であれば無理やり近づけようとするのはやめましょう。

犬は叱ってしつけをしたほうがいいのか

以前、お容様のお宅に伺ったときのことです。玄関に入るなり、とても元気なトイ・プードルが飛びついてきて、顔をなめて歓迎してくれま
した。それなのに飼い主さんは「こら!やめなさい!」と犬を叱りました。私は飛びついて歓迎してくれたのがうれしかったので「いいですよ、大丈夫です」と言うと、飼い主さんは不機嫌そうな顔をしていました。

あとで話聞くと、飼い主さんは本やインターネットまわりの友人から「飛びつくのはいけないこと」と言われ、そう思い込んでいたそうです。そのため、お客さんを歓迎していた犬をずっと叱ってきたそうです。

しかし、犬が嬉しくてとびついていて、されているほうも喜んでいるのなら、それはやめさせる必要があることなのでしょうか?もちろん、お客さんがいやがっている場合には、やめさせなければいけませんが、別の部屋やハウスに入れておけば、犬を叱る必要はありませんよね。
変えるべき行動かどうかを、まずは考えてみましょう。

愛犬を叱らない

愛犬と暮らしていると、ときには頭にくることもあると思います。たとえば、散歩から帰ってきて犬の足をふきたいのに、足先をさわろうとす
るといやがる犬もいます。そんなとき、いやがる犬を叱ってしまうこともあるのではないでしょうか。

しかし、足先はデリケートな部分であり、いやがって当然なのです。
ですが、家の中が汚れるのも困りものです。ではどうするのか?相手にがまんしてもらうには、喜んで受け入れてもらえる条件を考えるべきです。食べることが好きな犬は多いので、「いやだろうけれどおいしいものをあげるから足をふかせてね」とじょうずにお願いしましょう。

とはいえ、さすがに頭にくることもあります。わが家の犬は机の上のものをとってかじるのが大好きで、先日はお気に入りの腕時計をかじられました。革のベルトは見事にちぎれ、さすがに怒りがこみあげましたが、叱りはしませんでした。机の上から物をとることはしぜんな行動であり、飼い主さんの都合だけで叱るべきではないからです。

叱ると学習しにくいことも

叱っても効果がないばかりか、逆効果になることもあります。たとえは、トイレを失敗したときに叱ると、飼い主さんが見ているところでは排泄をしなくなり、成功をほめることができず、学習をさせにくくなってしまいます。